税理士変更の流れ

税理士変更手続き、開始から終了までの流れ

既に顧問税理士と契約されているお客様の場合、前税理士事務所との業務引継ぎが必要となります。
しかし、実際は引継ぎ等はあまりなく、通常過去の申告資料等を頂くのみで完了します。
期中の顧問税理士変更であっても、特に問題はございません。
弊事務所では、原則として金銭的スイッチングコストは発生いたしませんので、お気軽にご相談下さい。

手続きフロー

  • 1. 過去の決算資料を拝見いたします

    まず、お見積もりのために、原則過去3期分の決算書写し等をお預りいたします。
    税理士には守秘義務がありますので、個人情報は慎重にお取扱いいたします。

  • 2. お見積をいたします

    期間としては、概ね1週間程度です。
    なお、ボリュームによっては数日前後することもございます。

  • 3. 変更時期を打ち合わせします

    お見積もりにご納得頂けた後、契約→会計データ移行作業となります。
    現進行年度の決算終了後に切替される場合が比較的多いですが、弊事務所では期中切替も問題ございません。
    また、会計事務所に求めること、原状の不満点等ございましたら、じっくりとご相談下さい。
    可能な限りご要望に沿う形でサービスをご提案いたします。

  • 4. 業務開始

    顧問契約内容に基づき、税理士業務を開始いたします。
    経理業務の効率化等のご希望がある場合、同時にご提案いたします。

  • 5. お客様にして頂くこと

    お客様にして頂くことは、原則上記1の資料受け渡し作業のみです。
    その他の手間はほぼございません。
    また、仮にお見積もり後成約に至らなかった場合であっても、金銭的費用は発生いたしません。