アウトソーシングの効果

固定費を削減し、経営リスクを緩和。

小規模企業・個人事業主様の場合、経理・会計業務はアウトソーシング(記帳代行)することが、効率的です。
以下は、アウトソーシングした場合のコスト削減例です。

コスト削減の試算

例:事務として、正社員(月給18万円、賞与2ヶ月分/年)を雇用し、全就業時間のうち、30%を経理事務に費やした場合

矢印

【自計化】した場合 【単位:千円/月】

人件費 給与・賞与 210
  健康保険料 21
  介護保険料 4
  厚生年金 37
  雇用保険料 1
  労働保険料 1
  小計 274
     
  業務割合 30%
     
  人件費計 82
     
経理ソフト
保守費用
  4
     
合計   86

※上記社会保険料率等は、法改正/業種等により変動します。

なお、近年社会保険料率等は上昇傾向にあります。

vs

【アウトソーシング】した場合 【単位:千円/月】

記帳代行料   10
     
合計   10

二重矢印

年間:912千円

コスト削減

また、会計業務をアウトソーシングした場合、以下のメリットがあります。

  • 人件費コスト削減
  • 採用・教育研修コスト削減
  • 経理ソフトの導入・保守費用削減
  • 経理担当者の急な退職でも安心
  • 法改正等に素早く対応
  • 素人が付けた帳簿に比べ、不安感が無い

自計化を勧める税理士・会計事務所も多いと思われますが、人手が少ない小規模企業(おおよそ、社員:10名以下)の場合、当初は会計業務をアウトソーシング化し、規模が大きくなった頃に経理部を保有するのがベストです。

ただし、業種によって、自計化すべき/そうでないものもあります。
この点については、税理士による個別判断が必要となります。

社員数や業種、税務調査が入った場合の安心感によって、記帳代行を検討されてはいかがでしょうか。