給与計算・年末調整サービス

スピーディな給与計算

毎月必要となる、従業員の給与計算
少ない社員数ならば、アウトソーシングした方が効率的です。
弊社では、正確性と迅速性を心がけています。

給与計算・年末調整サービス

法人・個人事業主様向けの給与計算・年末調整サービスです。
私の経験では、社員:10名未満の小規模会社ならアウトソーシングした方がトータルの利益はアップします。
(無駄な事務員コストを排除し、営業・技術系人員の体制強化で、売上アップを優先させる)
助成金申請に強い社会保険労務士と連携し、ワンストップにてサービスをご提供いたします。

弊社の特徴

  • 1. 会計処理と連動

    給与計算は毎月の会計記帳処理とも連動します。
    会計と給与の委託先が別々であった場合、その調整に以外と手間取るもの。
    また、情報の行き違いにより、処理漏れも発生するかもしれません。
    弊事務所では、給与と会計の一括受託サービスが可能です。

  • 2. 外部専門家と連携

    社会保険加入・従業員の入退社手続き・離職票の作成等は、外部社会保険労務士等と連携します。
    また、面倒な助成金の手続きは、社労士にお任せ頂けます。
    専門知識が必要な事務処理は、アウトソーシングした方が安心・効率的です。

  • 3. 最短2営業日で処理が可能

    勤怠集計、変動手当の計算等には時間を要する場合もあります。
    月によっては、給与支給日ギリギリのデータ送付となるかもしれません。
    そのようなケースであっても、柔軟かつスピーディに対応いたします。

  • 4. 勤怠集計の効率化提案

    原則:勤怠集計は毎月必要です。
    しかし、集計作業は意外に手間と時間がかかるもの。
    タイムカードと給与計算(勤怠管理)ソフトを連動させることで、無駄な業務を省くことが可能です。
    弊事務所では、積極的にIT化による業務改善提案を行います。

  • 5. 給与計算ソフト等のコスト削減

    毎年の税制改正等に伴い、給与計算ソフトは、通常毎年更新が必要です。
    また、給与明細等、別途消耗品の購入も必要でしょう。
    従業員が少ない場合、自社で一式を揃えるよりも、時間的・金銭的なコスト削減を期待できます。

  • 6. 年末調整とも連動

    タナベ会計事務所では、年末調整や法定調書作成のみの対応も可能です。
    しかし、給与計算を受託している場合と比べ、コスト高になることもあります。
    可能な限り、コスト・効率ともにメリットがある一括受託サービスをお勧めします。

ご相談・ご期待にお応えします

私たちは、日々進化いたします。
知識、サービス、そして、人間性。
日々研究・研鑽を重ね、お客様のご相談・ご期待にお応えいたします。

  • 給与計算のための事務員を置く余裕がない
  • 役員報酬や給与水準を従業員に知られたくない
  • 労務管理等について、気軽に相談できる相手が欲しい
  • 給与明細封筒等の備品ストックが手間
  • 法改正等、確実に対応したい
  • 少人数のため、給与計算ソフトが割高に感じる
  • 現状の給与計算でミスが多発している
  • 助成金の申請が得意な社労士が必要だ
  • 自社の社員は10名未満である