記帳代行

記帳代行は、日々発生する領収書、請求書等を整理し、会計ソフトへ入力する業務です。
記帳には、簿記や税務会計に関する知識と経験が必要です。
しかし、小規模事業主様においては、時間・人材面等で、困難な場合も多いでしょう。
クラウドにより入力処理が容易になっても、必ずしも正しい記帳ができている保証はありません。
そのような問題を克服するのが、当該サービスです。
以下では、記帳代行の流れをご紹介します。

記帳代行の流れ

1. 領収証・請求書類を送ります

日々の事業活動で発生した領収証・請求書類等を、定期的に会計事務所へ送ります。
多くの場合、請求書等の支払処理後、書類一式を送ることになると思います。
例えば、以下のような書類です。

  • ①売上帳簿
  • ②仕入帳簿
  • ③預金通帳の写し
  • ④領収書/請求書
  • ⑤契約書の写し(リース契約、賃貸借契約等)
  • ⑥給与明細一覧

クレジット利用明細などは、2ヶ月遅れでカード会社から送付されることもままあります。

ところで、月々の財務状態をいち早く把握したい経営者もおられるでしょう。
タナベ会計事務所の記帳代行サービス では、お客様のご要望に応じて、月次記帳処理の迅速化をご提案いたします。

【詳しくはこちらより】

2. 会計ソフトへの入力

到着した書類を元に、会計ソフトへの入力を行います。
なお、領収書・請求書はバラのままで構いませんので、いっさいがっさい弊社に送って下さい。

領収証

会計記帳代行の作業過程において、疑問点や追加必要書類が発生した際は、随時連絡を取ります。
全ての入力が完了すると、残高試算表(会社の損益推移や財務内容がわかる資料)が完成します。

数字は月毎に集計し、月別の損益状況を把握できます。

3. お客様へご報告します

残高試算表をお客様に納品します。
タナベ会計事務所では、税理士がご報告をいたします。

また、ご要望に応じ、資金繰り表・予実績管理資料・部門別損益表の作成も承っております。
記帳代行と併せてご利用頂くことで、より高度な損益管理が図れます。

記帳代行