確定申告会場 イオン倉敷【2022】

地域

イオン倉敷確定申告

イオンモール倉敷

令和4年確定申告
-会場情報-

倉敷

- 2022.2.1 -

確定申告会場(イオンモール倉敷)

所得税・復興特別所得税の確定申告期間につき、本年は2月16日~3月15日となっています。
広島国税局からのイオン倉敷・申告会場案内はコチラ
倉敷では、毎年恒例となるイオンモール倉敷にて申告会場が設置されます。
なお、還付申告については、申告期間前より各税務署にて受付が始まっています。
イオンモール倉敷申告会場の詳細は以下の通りです。

項目 内容
開設期間 令和4年1月24日~
3月15日
(土日除く)
受付時間 9:00~
16:00
相談時間 9:00~
17:00
場所 イオンモール倉敷2F
イオンホール

年金受給者で還付申告となる方は、事前に税務署よりお便りが送付されていると思います。
対象者は1/24からイオン倉敷で申告できますが、その他の方は16日からとなりますので、注意してください。(受け付けて貰えません)
また、現在白色申告されている個人事業主・不動産オーナーの方でも、当日は青色申告相談コーナーもあります。是非ご活用ください。

当日多い誤りとしては、

・マイナンバーカードを忘れる(本人だけでなく扶養者も必要)
・昨年の確定申告書を持参しておらず、担当者が申告漏れに気付かない(スマホで確定申告した方は、ご自宅でプリントアウトする。特に豪雨災害で被災された方等=雑損控除の適用者、は令和2年分確定申告書の持参を忘れずに。通常は今回が3年繰越の最後となります)
・国民年金/健康保険料を「支払った」資料が必要なのに「課税された」資料を用意している(口座振替により支払った保険料は、当該口座名義人の社会保険料控除となります)
・事業の領収証/請求書を一切合切持参し、税務署職員に決算申告書を作らせようとする(ご自身で作ることになり、作ってはくれません)
・住宅ローン控除に必要な源泉徴収票や建物登記簿謄本、建築契約書に不備がある

等が見受けられます。
並び直しになると、平気で2~3時間待つこともあるので、事前確認しておきましょう。
本年もコロナ対策のため何かとソーシャルディスタンス・手間がかかると予測されます。
なお、朝一~昼は納税者で混みますが、終了直前頃は比較的空いています(申告を済ませ、イオンで食事して帰りたい方が多いのですね。。) 。

本年から税制改正された目玉は、ふるさと納税の申告簡易化です。
従来はふるさと納税寄附金の証明書を1枚づつe-taxへ入力する必要がありました。
令和3年申告分より国税庁が指定するポータルサイトでふるさと納税をした方は、当該ポータルサイトより発行される電子的証明書を利用できます。
なお、イオン倉敷会場でe-taxをされても、青色申告特別控除(65万円、55万円ともに)は認められませんので、ご注意ください。
※ご自宅等でのe-taxが必要となります。

また、年間の副業収入が20万円以下であっても、同族会社の役員等は申告義務が発生します。
さらに、年末調整をした一般のサラリーマンの方であっても、医療費控除等の還付申告をする場合は、金額の大小に関わらず、合算して申告をする必要がありますので、漏れにご注意を。

謝りやすい例として、給与所得者の方で、副業や仮想通貨投資をされており、雑所得を申告される方。
当該取引で損失が発生しても、給与所得と損益通算できませんので、ご注意ください(e-taxを利用すれば、判定もしてくれます)。

ふるさと納税で「ワンストップ特例」を利用されていても、医療費控除を受ける等の理由により確定申告をする場合は、当該ふるさと納税について、寄付金控除の適用を忘れないようにしてください(控除証明書を、イオン倉敷に持参しましょう)。

なお、倉敷イオン申告会場では、市民税のみの申告もできます。
小額の副業収入であれば確定申告をする必要が無いと思われる方も多いですが、住民税申告は必要となる可能性があるため、気になる収入があれば、申告会場で相談しましょう。
マイナンバーカードの取得手続きも窓口が開設されるようです。

【ご注意】
イオンモール倉敷で確定申告をされる方は、イオンモール倉敷の確定申告会場へ直接お問合せ下さい。
(弊社へご連絡頂いても、お答え致しかねます)

【注】本Tipsでは、投稿日時点の情報を掲載しています。記事に関する税務・個別具体的判断につきましては、最寄の税務署または顧問税理士・税理士法人等へ相談確認して下さい。万一当記事に基づいて発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねます。