経営改善計画書で、コロナ禍を乗り切る!

経営改善計画書(PC)
経営改善計画書(スマホ)

経営改善計画書は、さまざまな観点から会社を見直し、経営者・従業員が一つの方向を向いて、良くしていくための、羅針盤的役割を持ちます。
新型コロナ禍の中、直感で経営するのも大切ですが、文字に起こすことで、第三者的観点からどう見られているか?今の経営方針が正しいのか?を確認することができます。
社長の頭の中を文字にして可視化して従業員にも伝えることで、社内の情報共有が一層強くなるメリットも。
会社の全体像を見せなければ、社員は安心してついてきてくれません。
過去に経営計画書を作成したことがある方でも、コロナ禍を契機に、もう一度作成してみませんか?(※)

※個人事業主・法人問わず、社歴:3年以上の方が対象となります。
※後述の制度を利用すれば、無料で作成できます。

経営改善計画書(PC)
経営改善計画書(スマホ)

新型コロナ禍の中、今のビジネスモデルでは、通用しないかもしれません。
攻めの取組みで、売上を伸ばしていきましょう。
無駄なコストを削減し、優秀な人を採用。
経営改善計画書の作成は、会社全体の仕組みを見直し俯瞰で状況を捉えるのに適したツールです。
半年後・3年後・10年後の将来について、一緒に設計しましょう。(※)

※中銀、トマト、信金等の銀行借入があるお客様については、中小企業診断士による経営改善計画書 作成の申し込みをして頂くことができます(岡山県保証協会事業 全5回:作成無料)。詳しくは、弊社までお問合せください。

コロナ融資(PC)
コロナ融資(スマホ)

黒字を出せても、資金が続かなければ危険な状態です。
銀行は事業の将来性だけでなく、決算書(貸借対照表・損益計算書)から融資できるかを判断するため、直すべき項目はキレイにしてコロナ禍で傷んだ財務から健全な財務体質へ修正しましょう。
3か年計画を「数字」でシミュレーションし、新型コロナ禍でも、持続可能なビジネスモデルかを検証します。
経営改善計画書は、返済猶予のリスケジュール計画書としても使えます。(※)

※前述、全5回の経営計画作成とセットでお申し込み頂くことで、効果が高まります。秘密厳守。

公的助成金制度(PC)
公的助成金制度(スマホ)

新型コロナ禍の現在、国・県・市町村から関連する各種公的助成が多数発表されています。
具体例を挙げると、

  • ・設備投資に対する補助金
  • ・販売促進に対する補助金(販売に貢献する店舗リフォームや新製品/サービス開発費も含まれます)
  • ・COVID-19の特別融資枠
  • ・人件費の補填

等です。
新たな取組で売上の落ち込みをカバーするとともに、公的助成を使うことで改善投資効率が上がります。
経営改善計画には、各種公的助成も活用し新型コロナ補助申請サポートも承っています。

水島コンビナート(PC)
水島コンビナート(スマホ)