確定申告会場 イオン倉敷【2019】

地域

イオン倉敷確定申告

イオンモール倉敷

平成30年分確定申告
-会場情報-

倉敷

- 2019.2.5 -

確定申告会場(イオンモール倉敷)

所得税・復興特別所得税の確定申告期間につき、本年は2月18日~3月15日となっています。
倉敷では、毎年恒例となるイオンモール倉敷にて申告会場が設置されます。
なお、還付申告については、申告期間前より各税務署にて受付が始まっています。
イオンモール倉敷申告会場の詳細は以下の通りです。

項目 内容
開設期間 平成31年2月18日~
3月15日
(土日除く)
受付時間 9:00~
16:00
相談時間 9:00~
17:00
場所 イオンモール倉敷2F
イオンホール

年金受給者で還付申告となる方は、事前に税務署よりお便りが送付されていると思います。
対象者は2/8からイオン倉敷で申告できますが、その他の方は18日からとなりますので、注意してください。(受け付けて貰えません)
また、現在白色申告されている個人事業主・不動産オーナーの方でも、当日は青色申告相談コーナーもあります。是非ご活用ください。

当日多い誤りとしては、

・マイナンバーカードを忘れる
・昨年の確定申告書を持参しておらず、担当者が申告漏れに気付かない
・国民年金/健康保険料を「支払った」資料が必要なのに「課税された」資料を用意している
・事業の領収証/請求書を一切合切持参し、税務署職員に決算申告書を作らせようとする(ご自身で作ることになり、作ってはくれません)
・住宅ローン控除に必要な源泉徴収票や建物登記簿謄本、建築契約書に不備がある

等が見受けられます。
並び直しになると、平気で2~3時間待つこともあるので、事前確認しておきましょう。
なお、朝一~昼は納税者で混みますが、終了直前頃は比較的空いています(申告を済ませ、イオンで食事して帰りたい方が多いのですね。。) 。

本年から税制改正された目玉は、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しです。
サラリーマンは年末調整で完結しますが、確定申告で控除を取る方は去年通りとはいかないので、注意しましょう。
また、従来青色申告の個人事業主は、一定の要件に合致しなければH32から青色申告特別控除額が55万円に減少します。
65万円控除に戻すためには、帳簿の電磁的記録の備付・保存か、e-taxでの期限内申告が必要になります。
これを機に、本年から紙→電子申告に切替えてはいかがでしょうか。

また、個人事業主の方は、売上高が1千万円を超えると消費税(本年より10%)を納める義務が発生します。
納税方法は、大きく2つ(原則課税と簡易課税)があり、有利な方を選択し事前に税務署に届出を提出することになります(「後から提出」では、選択できません)。
イオン倉敷会場でも相談することができますが、その際は以下の点を税務署職員に伝えればアドバイスが貰えるでしょう。

・既に行っている/今後2年間に行う事業の内容
・設備投資計画(車両や機械装置等の購入)
・今後2年間の売上/利益予測
・個人事業→法人化のタイミング

さらに、高齢者の方で、年金と僅かなシルバー人材派遣収入のみの方は、税制優遇もあります。
ただ、その旨税務署職員に伝えないと見落とされる可能性もあるので、やはり昨年の確定申告を持っていく方が無難です。

なお、倉敷イオン申告会場では、市民税のみの申告もできます。
小額の副業収入であれば確定申告をする必要が無いと思われる方も多いですが、住民税申告は必要となる可能性があるため、気になる収入があれば、申告会場で相談しましょう。

平成30年度確定申告に関するご相談は、弊社でも受け付けておりますので、 こちらまでお気軽にご連絡下さい。

【注】本Tipsでは、投稿日時点の情報を掲載しています。記事に関する税務・個別具体的判断につきましては、最寄の税務署または顧問税理士・税理士法人等へ相談確認して下さい。万一当記事に基づいて発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねます。